自己肯定感の高めかた3つ考えてみた

f:id:osio-toshimasa:20200615234020j:plain

おはよーございます。

ブログタイトルのわりにプロレスのこと書いてないことに定評があります(?) プロレスの話題といえば、昨日ついに新日本プロレスが興行を再開しましたね! 国内ではNo1のプロレス団体ですから、ついにといった感じですよね。昨日はTwitterのタイムラインも新日一色でした☺️

で、そのときにふと思ったことがこの記事のタイトルなんですけども、自己肯定感。 たまに出てくるこの言葉ですがWikipediaで調べてみるとこんな感じです。

ja.wikipedia.org

「自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉 」 なんだそうですが、自分なりに自己肯定感を高めるにはどういうことするといいんかな?と考えながらまとめてみました。

自分の好きなことに正直でいる。

相手が求めてることよりも、自分の好きなことに熱中する方が自己肯定感を高めることにつながるんではないかなと考えています。 まさに昨日のタイムラインがそのもので、周りに強制されずに、自分の好きなプロレスを好きなようにそれぞれが楽しんでいるのが一番良いですよね。

人と違うところを見つける。

違うところといっても、他人は持っているけど自分は持っていない、という考え方よりも、自分は持ってるけど、相手は持っていないというところをひとつでも見つけられたら、自分自身の価値って見出せるような気がしています。以前の記事に書いたんですが、自分でも気づかないところで才能に気づくことってのがあるので、いろんな人と他愛もないお話しをしてみるのも良いきっかけになるんではと思います。

ちなみに以前の記事はこちらです。才能ってなんぞやって話ですね。 blog.osio-toshimasa.work

考え方をひっくり返す。

これ結構昔から意識してるんですけど、自分に悪いことが起きたとき、その起きたことを逆手にとって考えてみると良いことになるのでは?ってことですね。 怪我の功名とか災い転じて福となす、って言葉がありますから、だから自分はダメなんだと落ち込んじゃうよりも、これは何かのきっかけだったり試練なのかもしれないって思うと、自分のあり方を肯定していくことができるのではないかなと思います。

まとめ:意識の矢印を自分に向ける

まとめると、相手のことを気にせず自分のことにできるだけ集中するのが大事なように思います。
うっかりするとナルシストっぽいですけどね😅でも自分より優れた人なんてそれほど物凄い数いますから、いきなり相手と比べるより、過去の自分と比べたりして自分のことに集中していくほうが建設的であると思います。自分選手権を開催していれば、自分の順位はいつでも一位になれる可能性ありますからね 笑

プロフィール
id:osio-toshimasa
おしおとしまさ/osio-toshimasa

プロレスをきっかけに。プロレスがきっかけに。いろんなことをみつけて楽しむブログです。

あの日見たプロレス技を僕はまだ知らない