片付けが苦手な自分に目からウロコだった本

おはよーございます。

自分で買ったものでめっちゃ良かったものを紹介する話です。 今回はコレ。

古い本なんですが、現代でも十分に通用する整理整頓の原理原則が詰まっている神本だと思ってます。

整理する方法はたったひとつ

表紙が難しそうなんで、内容も難しいんかなと思いきや、書いてあることはとってもシンプルなので読みやすかったです。整理の仕方を整理する本ですね。ややこしいか。。 たとえば部屋の掃除だったり、スマホの写真だったり、なんでもよいのですけど片づけをするぞーって時に、几帳面な人ほど自分の中でカテゴリ分けして整理してないでしょうか? 僕もずぼらなA型でして、普段あんまり掃除しないくせに、いざ片付け始めると、いろいろ気になって分けたくなるんですよね。規則性が欲しくなるというか。 で、この本の言わんとしているところは、カテゴリで分けたらダメ!ってことなんですよね。はじめ読んだとき衝撃でした。 じゃあ何がいいかっていうと、ジャンルやカテゴリで分けずに時間軸に沿って整理せよ、と書かれています。

片付けの基本的な考え方として非常に参考になります。

どうして?どのように?っていうところを書き始めるとネタバレしてしまって著者に迷惑かけそうなので書籍を手に取って読んでみてほしいのですが、内容はかなり目から鱗でした。 僕が読んで感じた重要なポイントは整理のための整理にあまり時間や労力を費やしてはいけないよ、ってことでしょうかね。手段が目的になってしまうというやつですね。

値段もそこまで高くなくて、ページ数も多くないのでさくっと読めておすすめです。リンクはAmazonですが、中古本なんかもありそうなので探してみるといいかもですね。 ではでは。

プロフィール
id:osio-toshimasa
おしおとしまさ/osio-toshimasa

プロレスをきっかけに。プロレスがきっかけに。いろんなことをみつけて楽しむブログです。

あの日見たプロレス技を僕はまだ知らない