父の日にいいかもしれない、自分で買ってよかった商品の話

f:id:osio-toshimasa:20200512205851j:plain

おはよーございます。

先日母の日だったということもあり、今日の記事は父の日向けプレゼントについてのお話です。 よくBEST3とか5とか10とかありますけど、複数並べるとですね、思い入れ分散しちゃうんで1個だけです。 その名もずばりamazon kindle paperwhite です。商品はこちら。

以下は自分で使ってみて良いところ、わるいところです。 僕が持っているのは第6世代でちと古いんですけど、基本的なところは変わらないと思います。

良いところ

見やすい、読みやすい、目に優しい

スマホタブレットと比べるとブルーライトが少ないそうです。これは画面表示が液晶やLEDではなくて電子インクという自然光の反射で画面を表示しているからなんだそうです。なんだかすごいぞ。 自然光ってことは夜見れないんかというとそうでもなく、夜間のときはバックライトつけてみることができます。バックライト点いたら目によくないじゃん!と思いきやさきほど説明した自然光の反射用に画面に向けてライトが充てられているので目に対する刺激はほとんどないんだとか。優しいかよ。なので夜寝る前に読書して寝るときに、ブルーライトの悪影響を少なくできて安心ですね。本に没頭して夜更かししちゃうのは別の問題としてあるんですが、それはそれでよし!

バッテリーの持ちが半端ない。

WifiはOFFにしておくと、1週間は余裕で持ちます。充電しなさ過ぎてびっくりしますよ。 買ってから6年ぐらいたつんですけど、特に故障もなくバリバリ使えています。

スペースを食わない。かさばらない。

本の種類によりますが、100冊以上は余裕な感じでしょうか。今は最新モデルだからもっと持てるのかも 万が一いっぱいになってくることがあっても読んでないものを端末から削除しておいて、読みたくなったらダウンロードも できるのでほとんど問題に感じないです。電車で読むことも多いのでバッグにこれ1個入れておくだけいいのが素晴らしいです。

悪いところ

ページを変えるときの画面切り替えが遅く感じる。

僕の持っている端末は旧式なのでもしかすると今はサクサクかもしれません。 ページ送る、画面がピラピラ、ページでる、みたいな感じですね。わからないか💦 小説などの文庫本を読む分には1ページを読む時間が長いのでほとんど気にならないですが、漫画本、特にページ展開早めのアクションものなんかをみるとページをさくさく進めたくなるのでそういうときにテンポの遅さを感じることがあります。 あと、辞書的な書籍の場合ページパラパラめくりたいときあると思うんですが、そういうのは向いてないと思います。1ページ目から順序良くめくっていく文庫本の読書に最適化されている感じがしますね、

技術書や図の多いもの、カラー本は見づらい

画面サイズは文庫本サイズなので紙本のサイズが大きいものだと1ページが分割されたり、縮小されたりでみづらくなります。 また画面表示がモノクロなのでカラー本は当然ながらみづらいですね。 とはいえ実際の見た目は本によって異なるので、なかには見やすくレイアウトされている本もあります。見た目確認用にほとんどの書籍がサンプルをダウンロードできるので、事前に確かめてみて問題なかったら購入するという感じがいいです。

書籍の購入にはAmazonの知識とWifiネットワーク環境が必要

Wifi環境がないと書籍をダウンロードすることができないです。 またメインでAmazonを使って購入することが多いと思うのでAmazonショッピングを使っていないとアカウント作成から始まって敷居が高く感じるかもしれません。でもですね、このデメリットこそ僕らが解消してあげるべきところだと思うんですよね。赤ちゃんから今までお世話になっているお父さんのためにIT強め世代の僕らがしっかりサポートしてあげればデメリットは吹き飛ぶと思います。普段話せない親と話す、いいきっかけにもなるんじゃないかなとも思います。

まとめ

お父さんが読書が好きだったら激推しの一品紹介でした。ご参考になれば幸いです。

プロフィール
id:osio-toshimasa
おしおとしまさ/osio-toshimasa

プロレスをきっかけに。プロレスがきっかけに。いろんなことをみつけて楽しむブログです。

あの日見たプロレス技を僕はまだ知らない