たおやかでありたい

f:id:osio-toshimasa:20200509000759j:plain

おはよーございます。

Yahooニュースを読んでいたら見つけた2つの記事が今日のお話です。

news.yahoo.co.jp news.yahoo.co.jp

どちらも純日本産のIT技術として紹介されているのですが、僕もIT系のお仕事してることもあり存在は知っていたのですが、改めてこの記事を読み直してなんだか誇らしい気持ちになりました。

別に2つの技術について僕自身は直接なんの役にも立ってないですけども。

日本を信じよう

にも拘わらずなんで誇らしいのかなって思うと、最近これもやはり感じていることなんですけども、コロナ関連のニュースや情報番組を見ていると、政府を責める、コメントを出す人を責める。責める人を責める、みたいなやりとりがそこら中に広がっていてすごくいやな気分になってたからなんだと思います。もっと日本を、日本人を信じてあげられるようにならないもんかなあって。 非難をすることも大事なんですけどね。すべて容認してしまうような世の中もそれはそれで怖いし。

賞賛はたくさん、批判はすくなく

なので個人的には賞賛と非難の割合は7:3とか8:2ぐらいがいいと思うんです。非難ってメッセージが強い言葉になりがちで少しの情報量でも目に入りやすいんですよ。だからこそみんな使いたがるのかもしれないですが、特にそれを商用目的で発信している人たちにとってはとても都合の良い道具。だから賞賛と非難が五分ではなく賞賛が多いくらいのほうが丁度いいのかなと思っています。

日本の、日本人の良さ、大事にしよう

で、冒頭に出てきたこの二つの記事。読んでみると共通点を見つけまして、どちらも「主張しすぎない」ことで広まったということ。 TRONについてはタイトルにもあるように権利を主張しないことでみんなが安心して使えるように。 Rubyについても、中心人物は一人ですがそれをとりまく、穏やかでオープンで公正なコミュニティを作っていくことで、日本ではなくてむしろアメリカでブレイクした。

主張しすぎないって本来日本人が備えている美徳のひとつだと思うんですよね。 つまり日本人が独自のアイデアと技術を日本人の美徳に則って取り組んだら世界で認められたという話なんですよね。 これって素晴らしいことだと思いませんか?

世界に合わせて何かを特別に取り組む必要はなくて、自分の持ってるものをそのまま出せばいいんだよと。この記事は教えてくれているように感じます。 強いて言えば英語ドキュメント化などはしたのでしょうが。相手のことうんぬんより、自分のできることに集中していくって、自粛してるからこそできることだと思います。

ニュース見て非難して、暗い気持ちになるくらいなら自分のこともっと研究しようと思った話でした。

最後に、この記事を書いてくれた記者の方と、掲載してくれたYahooニュースに感謝です。

プロフィール
id:osio-toshimasa
おしおとしまさ/osio-toshimasa

プロレスをきっかけに。プロレスがきっかけに。いろんなことをみつけて楽しむブログです。

あの日見たプロレス技を僕はまだ知らない